--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

2011年10月31日 19:25

トリックオアトリートなんていざ知らず、今日は東西の日ですよと布教。


イコール東西アニキの日。

ノットイコールあれだ、戸谷アニキの日ではない。


そんな日にマギ読みました。
カシアリ。うん、カシアリいい。アリババちゃんが幸せを願うなら。カシムが幸せにしてあげなよと。
アリババはカシムの世間体を考えて身を引く。カシムはそれを勘違いして憤慨する。DVカシム。アリババ泣く。それを見て我に返ったカシムがアリババを抱きしめて「ごめんな、ごめんなアリババ」。そんなカシアリが読みたい。
マスモル。女子供にどう接するべきなのかわからないマスルール。それを不思議がるモルジアナ。仄々としてていいよね。
マスシン。主従愛が強い。けど、鈍感な恋愛って感動的ではないですか。
マスルールは何だかんだで上手く事を運んで、シンと挙式上げそう。そこで重要なのは、マスルールに作為なんてないことです。
ジュダシン。この世の終わりばかり考えてる病みジュダルの依り所になるシン。シンを恋愛対象に見ることによって、段々と気の迷いが晴れてくるジュダル。でも決してジュダルを恋愛対象として見ていないシン。「ジュダル、」「バカ殿はやっぱバカ殿だよ」「大嫌いだ」。

これじゃあジュダルしんじゃうわ
スポンサーサイト


New!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。